面接の前に準備が必要

相手の意志を理解する事

企業概念やホームページは確認する事

企業の事を把握しない、準備をしないまま面接に行ってしまうと、志望動機などの質問や社長の名前を聞かれた場合などに答えられなくなってしまいます。
企業理念を事前にホームページなどで調べ、具体的に志望動機を説明すると、好印象を持たれると思います。
ちゃんと把握しないまま、共感を得たなど適当に言ってしまうと嘘とばれてしまいます。共感を得たと本当に思う場合、どんな所でどんな風に共感を得たのか具体的に言う事で印象も変わるかと思います。
また企業が何を求めているか、どんな人材を求めているかによっても事前に知っておく事で、受け答えに困る事もなくなります。
どれほど会社の事を理解しているのか、キャリアプランでも具体的にアピールする事でプラス要因になるのではないでしょうか。

企業研究は面接に役立つ

企業研究は面接に備える準備として欠かせません。
自分に合った企業かどうか知るためにも、志望動機を聞かれたときに納得していただくためにもまとめておく良い機会だと言えます。
面接を受ける企業と他の会社と比較する事で、どんな会社か特徴や強みがわかると思います。
そのため、入社後にどんな仕事がしたいのか、どんなキャリアを望んでいるかまとめておく事で、面接の時質問されたときに堂々と答える事が出来ると思います。
教科書の丸暗記をして答えてしまうと、面接官に無難な印象を与えてしまいます。
採用されたい、御社で働きたいと意欲を見せるためにも、企業の事を知り最新のニュースなどもチェックする事で良い印象を与える事が出来ると思います。