面接の前に準備が必要

ネガティブよりポジティブに

転職の面接失敗例

転職したい方は面接の際、前職を辞められた理由を聞かれるかと思います。
その際、前職の批判や悪口は絶対してはいけません。不満があると辞めてしまうのではないかと思われてしまうからです。
失敗例として、転職したい方で面接の際、マネージメントの経験を聞かれた時や、業績を聞かれた時は、自信を持って話すのは良い事です。
ですが、自信を持って話しすぎてしまったばかりに、自慢話になってしまったなどの失敗があります。
成功経験や業務成績にしても、自分一人で成し遂げた事であっても、話す内容や話し方には気を付けましょう。
また、面接官が若いと年齢などで判断をしてしまい、タメ口になってしまった、上から目線の回答をしてしまったとの失敗談もありました。
前職でどんな業績であっても謙遜も大事かと思います。

面接での質問の意図とは

面接でよく聞かれる質問で、自己PRを聞かれるかと思います。
その際、まとまった答えを用意していないのか、長々と何分も自己PRをしてしまった人もいるそうです。
短い時間で面接をするので、どんな質問も簡潔にまとめて答える事が一番です。
しかし、簡潔にしすぎて会話のキャッチボールが出来ないと、コミュニケーション能力が欠けてると思われてしまいます。
そんな面接での質問で多く聞かれるのが、失敗談や成功経験、質問はありますか?とあります。この質問には違う意図があるそうです。
失敗談では、失敗したからこそ得たことや、失敗から何を学んだか、どう這い上がったかなど色々あるそうです。
成功経験では、成功したという結果の話でなく、どんな風に成功に導いたのか、どんな努力をしたのかの過程を知りたいなど色々あるそうです。
面接に備え、程よく話をまとめ要点を伝える事で好印象を与える事ができると思います。