面接の前に準備が必要

コミュニケーション能力を鍛える

面接時間や、面接場所は必ず確認しておく事

面接時間をちゃんと把握していないせいで、変更や遅刻をしてしまうとマイナスイメージになってしまいます。
そのため、面接の時間まで余裕だからとあまりゆっくりしてしまうと、面接場所を間違えたり、電車が遅れていた、渋滞していたという状況に対応できず、遅刻してしまいます。
また面接場所が全部本社とは限らないため、集団面接など部署によって面接場所が違う企業には事前に聞いて把握する事が大事です。
前日に下見に行くことで、道を把握する事もでき道に迷う事もなく、遅刻する事も避けられるかと思います。
また面接の前日には、夜更かしは禁物!寝過ごしてしまったり、眠そうな顔をしてあくびなんて出てしまっては悪い印象を与えかねません。

身だしなみ、基本的マナーは第一印象!

面接で決まってしまう第一印象は、身だしなみと言えるでしょう。
特に、食品関係、営業、接客業に携わるお仕事などは絶対的と言えるでしょう。
無精髭や、乱れた服装、匂いのキツイ香水、にんにくの匂いなどは第一印象として好印象になるのは難しいかと思います。
また靴のかかとを踏んだり、汚れているなど、見ている面接官も様々な為、足元まで手を抜かない事が大事です。
シャツのシワや汚れは小さいから、目立たないからと疎かにしないようにしましょう。
また社会人として、挨拶ができない方や声が小さい方、敬語が間違ってる方は、面接官に悪い印象を与えてしまいます。
初めの挨拶はする方がいますが、帰り際の挨拶を忘れる方が多い為気を付けましょう。